レシピID:81
おしるこ

  • ページを印刷する

栄養士さんからのコメント

 小豆は昔、脚気の治療に食べられていました。それはビタミンB1が豊富に含まれているからですが、今でも漢方薬では「赤小豆」と呼んで、さまざまな症状に用いられています。ビタミンB1は糖質の代謝を促す働きをしますし、小豆にはほかにもサポニンが含まれていて、血中の悪玉コレステロール値を下げてくれます。小豆には美肌効果もあるといわれ、さらに利尿作用や整腸作用もあって、むくみの防止や便秘の予防、改善も期待できます。

カロリー:347.5kcal 塩分:0.2g

材料(2人分)

小豆・・・・・・・・・・・・・・・・100g
 水・・・・・・・・・・・・・・・・4カップ
三温糖・・・・・・・・・・・・・・・70g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
白玉粉・・・・・・・・・・・・・・・25g
 水・・・・・・・・・・・・・・・・30cc
 

作り方

STEP.1

小豆のアク抜きをします。小豆はさっと水洗いして厚手の大きめの鍋に入れ、かぶるくらいの水(分量外)をはって強火にかけ、沸騰したらざるにとります。

STEP.2

鍋に小豆を戻し入れ、水4カップを加えて中火にかけ、沸騰したら弱火にして豆がやわらかくなるまで、途中でときどきアクをすくいながら、じっくり煮ます。

STEP.3

豆が指でつぶせるくらいにやわらかくなったら砂糖を加えて全体に混ぜ、さらに塩も加えて再び10分ほど煮ます。

STEP.4

(3)の鍋に白玉だんごを入れて3分ほど煮ます。

レシピを印刷する