• ホーム
  • 味方につけてキレイに、健康に! スーパーフード

味方につけてキレイに、健康に! スーパーフード

Vol.6 日本発スーパーフード

日本にもたくさんある!伝統のスーパーフード

 日本には独特の食文化が根付き、それらが現在の長寿国ニッポンを支えているといっていいでしょう。実は、これらも世界が注目するスーパーフード! 身近にありながら実はスゴイ実力の持ち主といえる食材をご紹介しましょう。

● 納豆
納豆の納豆菌はプロバイオティクス(腸内環境を整える善玉菌)のひとつ。しかも、なかでももっとも強力なパワーを持っているといわれています。納豆菌が作り出す酵素の「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かし、動脈硬化や心筋梗塞を予防。血行がよくなるは効果もあり、殺菌作用や抗酸化作用もあります。

● 梅干し
梅干しの酸味は「クエン酸」。これは疲労回復に効果てきめんで、殺菌作用もあります。この殺菌作用のおかげで、梅干しは日の丸弁当やおにぎりに欠かせないのです。梅干しはアルカリ性の食品であり、肉の食べ過ぎなどで酸性に傾いた体のバランスを整える働きもあります。梅干しと醤油を番茶に加えて飲む「梅しょう番茶」は伝統の健康茶です。

● 玄米
日本で白米よりはるかに長く食べられてきた主食が「玄米」です。ビタミンB群やビタミンE、食物繊維は白米をはるかにしのぎ、よく噛んで食べることで満腹感が早く訪れることからダイエットにも向いているといわれています。欧米人気の「ホールフード」は食材をむだなくすべて食べることをいいますが、玄米はまさに日本のホールフードです。

● 味噌
酵食品の味噌は、蒸した大豆に塩と糀を加え、発酵させたものです。味噌には大豆由来のイソフラボン、乳酸菌、酵母、不飽和脂肪酸、コリンなどの栄養成分が含まれています。コリンは血管を拡張して血液を下げたり、神経伝達物質を通りやすくさせる働きがあります。毎日の食事で味噌汁を飲むのはとても理にかなったことで、海外のローフードなどでも人気の食材です。

● 抹茶
海外で愛されている和風の味付けといったら“MATCHA”=抹茶です。特にスイーツでは人気で、鮮やかな色がつき、風味も独特のほろ苦さは万人に愛されるのでしょう。しかし、実は抹茶は実力も兼ね備えた食材です。栄養素が豊富な茶葉をそのまま粉末にして口にできるのですから。ビタミンCやA、カテキンなどが豊富に含まれています。飲みにくい味のスムージーなどにプラスするのもおすすめです。

● ぬか漬け
ぬか漬けは、米ぬかに塩などを入れて発酵させて作る「ぬか床」に野菜を漬け込みます。ぬか床にはビタミンAやB群、E、カルシウム、鉄などが豊富に含まれ、含まれていないビタミンCは野菜自体から摂れるでしょう。また、酵素も豊富で、これは消化吸収や老廃物の排出に役立ちます。ぬかの成分を野菜を通して摂取できるぬか漬けはとってもお得な日本古来のスーパーフードです。

日本にはたくさんのスーパーフードがまだまだあります。和食に世界中から注目が集まっているのは、このような素晴らしい栄養や機能性成分があるからかもしれません。海外のスーパーフードももちろん健康に役立ちますが、日本人としてはこういった伝統の食材をもっと毎日の食事に取り入れてもいいかもしれませんね。

ARCHIVES

  • ナデシコクッキングとは?
  • 毒出しフーズできれいな毎日!
  • Kitchen Studio Aoyama Kitchen
  • 高濃度水素サロン Salon de H
  • Silver Accessory
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES