• ホーム
  • 毒出しフーズでキレイな毎日!

毒出しフーズでキレイな毎日!

スパイス・ハーブ

人間がスパイスやハーブを使い始めた歴史はとても古く、古代エジプトのミイラを作るのにシナモンなどが使われていました。主にその用途は、「薬」。つまり、私たちの先祖はその薬効パワーを知っていて、使いこなしていたというのです。そこから誕生したのが中国の漢方やインドのアーユルヴェーダ、ヨーロッパのアロマテラピーなのですね。

さて、毒出しライフを送るには、これらのスパイスやハーブを味方につけるのは大正解! それぞれ用途の違いはありますが、いつもの料理やおやつにちょっとプラスしたり、コーヒーをハーブティに替えたりと、生活への取り入れ方は無限です。もちろん本格的なカレーを作って食べるのもオススメです。では、それぞれのスパイス・ハーブのデトックス力をご紹介します。

【スパイス】

● クミン 消化力をアップして毒出し。油に香りを移して料理のスターターに。食欲増進にもつながります。胃がもたれたときに粒を噛むとすっきり。
● シナモン 身体を温めるスパイス。心臓・肝臓を強くしてくれます。
● ナツメグ 花粉症がひどいときにオススメです。ハンバーグなどの肉料理でおなじみですが、ミルクにたらすと安眠効果があるとされます。
● ターメリック カレーのベースになるこのスパイスは、血液をきれいにする働きが。
肝臓を浄化するので、血色も良くなります。
● カルダモン 心が落ち着く香りです。お菓子にも合う味なので、ケーキを焼くときに加えたり、ホットミルクなどにブレンドしても。
● ブラックペッパー 毒素を燃やし、消化管を浄化。刺激が強いので摂り過ぎるのはNG。

【ハーブ】

● オレガノ 胃腸で消化力をアップ。風邪や頭痛、呼吸器系のトラブルのときにもおすすめのハーブです。
● エルダーフラワー 発汗・利尿作用があり、デトックスハーブの代名詞。美白効果もあるので化粧水なども作られています。炎症系や歯が痛いときにも。
● ジャーマン・
 カモミール
鎮静・消化作用が強く、エルダーフラワー同様に古くから薬として重宝されてきました。便秘の改善も。
● ジュニパーベリー リウマチの薬として使われていたそうです。肝臓・腎臓を浄化し、利尿・発汗につながげます。むくみや水太りの人にぴったり。
● フェンネル 消化を促進し、利尿・発汗。便秘や更年期障害の症状緩和にもよいとされる女性向けのハーブ。腸にたまったガスもすっきり。
● ハイビスカス 尿が多く出て毒も排出。クエン酸の働きで疲労が回復します。ビタミンCも多いのでお肌にも。

もちろん、これらのスパイスやハーブは同時にとってもOKなので、好きなように組み合わせてお茶を作ったり、料理に使うのもおすすめです。華やかな香りにも癒され、一石二鳥ですよ。

ARCHIVES

  • ナデシコクッキングとは?
  • 毒出しフーズできれいな毎日!
  • Kitchen Studio Aoyama Kitchen
  • 高濃度水素サロン Salon de H
  • Silver Accessory
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES