• ホーム
  • 毒出しフーズでキレイな毎日!

毒出しフーズでキレイな毎日!

温かいスープ

少しずつ気温が上がり、暖かくなってきました。寒い冬に温かなスープを飲みたくなるのは自然なことですが、それ以外の季節にもスープはカラダに毒を貯めこまない大切なポイントになります。
スープはできるだけ毎食、少しずつでも取り入れてください。そして、最初にひと口でもいただくこと。日本の食文化には「まずお味噌汁をひと口」という風習がありますが、これはとても理にかなっているのです。これから食べ物を消化し、「毒」にするまで貯めこまないようにするためには、この「ひと口のお味噌汁」が胃腸の動きを活発にし、消化力を高めてくれます。

「毒出し」の「毒」は、未消化の食べ物。現代人の多すぎる食事や、多種多様な組み合わせでは未消化になってしまうものもあり、胃腸の消化力も下がってしまいます。できるだけ消化しやすい胃腸のコンディションを整えておくことが大切なのです。
また、カラダを温めるのも、毒を貯めない大切なファクター。温かいスープを飲むことで、カラダの中心からポカポカと温まります。しょうがやゆずなど、カラダを温めてくれる食材を加え、いっそう「温め力」をアップさせてスープを作ってみましょう。片栗粉などでとろみをつけるのもおすすめです。

さて、スープの具材はというと、やはり野菜がおすすめです。冷蔵庫にある野菜を刻んでどんどん加えましょう。目先を変えたいときは煮た野菜をミキサーにかけて出汁で割るとかんたんなポタージュになります。特におすすめは小松菜、アスパラガスなど、生命力のある野菜です。
肉や魚は「未消化」になりやすい食材ですが、スープに入れることで消化しやすくなります。あさりなどの貝類、小さめの魚は特に消化しやすく、しかもスープに旨みを加えることができます。肉類なら鶏肉がおすすめです。
だし、具材、味付けの組み合わせは無限にあるスープ。たっぷりと作って冷凍しておけば、毎食気軽に摂ることができるかもしれませんね。

ARCHIVES

  • ナデシコクッキングとは?
  • 毒出しフーズできれいな毎日!
  • Kitchen Studio Aoyama Kitchen
  • 高濃度水素サロン Salon de H
  • Silver Accessory
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES