• ホーム
  • カラダの中からキレイになろう!

毎日食べているものが、あなたのからだを作ります。あなたの美しさにだって、食べているものが大きく影響します。
つやつやの美しい肌のために、はじけるようなボディのために、若さを保つために、働いてくれる栄養素や成分があります。

突然ですが、定期的に健康診断をしていますか? 血液検査は? 
胃や腸、肺や心臓などのように、レントゲンや超音波で健康状態を確かめることができないのが難点ですが、じつは、血液と血管の健康状態は、全身の健康や美容に大きくかかわっています。ぜひ、定期的に調べてもらいましょう。
血液はからだをつくっているすべての細胞に酸素と栄養を送り届け、同時に、いらなくなった老廃物や二酸化炭素を受け取って廃棄する役目を持っています。血液がスムーズに循環しているおかげで、私たちの細胞は生まれ変わり、疲労は回復し、みずみずしい肌やつやつやした爪や髪の毛でいられるのです。
ところで、ヒトの血管を1本につなぐと地球を2周半するくらいの長さになるのだそうですが、ご存じでしたか。
しかも毛細血管は5〜7ミクロンという細い細い管。その全身の血管を、血液はなんと約1分で1周します。ヒトの血液の量は体重のおよそ8パーセント。たとえば、体重50キログラムなら4キログラムの血液が猛スピードで全身を駆けめぐっていることになります。血管を丈夫にし、血液を作るためには良質のタンパク質が必要ですね。そして、スムーズな血流のためには、抗酸化作用を持つビタミンAやビタミンC、ビタミンE、それにポリフェノールが働いてくれています。

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか。
活性酸素というのは、孤立した電子を持つ物質(フリーラジカル)のうち、酸素原子を持つもののこと。ペアになっていないために不安定で、相手を捜してさまよっています。活性酸素は脂質と反応しやすく、すぐにくっついて酸化させてしまいます。血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化されると、これを白血球などの貪食細胞が食べて巨大化し、コレステロールの泡になって血管に付着します。これが血流を滞らせ、よく「血液どろどろ」と表現される状態の原因をつくってしまうのです。
呼吸によって酸素をとり入れている私たちは、体内から活性酸素をなくすことはできません。だいいち、活性酸素にも、体内に侵入した細菌やウィルスを殺したり、感染を防いだりする大事な役目があります。
ただ、活性酸素は、偏食や喫煙、お酒の飲み過ぎ、不規則な生活やダイエット、加齢などで増えてしまいます。増えすぎてしまうと、体を守るはずの活性酸素が悪さをしはじめるのです。
そこで活躍するのが、さきほどいったような、抗酸化作用を持つ成分。野菜や果物やチョコレート、ワインやお茶など、なんだかおいしいものにたくさん含まれているのもうれしいところ。ただ、栄養のバランスやカロリーはちゃんと気にして、毎日適度にね。おいしく食べて、健康も美も守りましょう。

ARCHIVES




  • ナデシコクッキングとは?

NEWS

NEWS

  • ナデシコショッピング
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES
  • 毒出しフーズできれいな毎日!