• ホーム
  • カラダの中からキレイになろう!

美しくなるための料理・レシピナデシコクッキングでカラダの中からキレイになろう!

毎日食べているものが、あなたのからだを作ります。あなたの美しさにだって、食べているものが大きく影響します。
つやつやの美しい肌のために、はじけるようなボディのために、若さを保つために、働いてくれる栄養素や成分があります。

めざすは腸美人で、超!美人

腸はお肌のガードマン

肌がカサついたり、ニキビや吹き出ものができたり。オフィスがほこりっぽいから? それともストレス? と考えているあなた、じつはあなたのお腹に原因がかくれているのかもしれませんよ。
そう、とくに腸に。
腸は、胃とともに大切な消化器官。ですから腸が元気でないと、どんなに体によいものを食べても効率よく栄養が吸収できなくなってしまいます。それから、これがとくに重要なことなのですが、腸は私たちの体を守る免疫器官でもあるのです。
私たちのまわりには、ウイルスや病原菌、花粉など、外敵がいっぱい。口から進入してきた外敵をやっつけるために、腸にはすばらしい腸管免疫システムが備わっています。なんと栄養素などの有益なものだけを取り込んで、そうでないものに対してはバリアを作って撃退する仕組みになっているのです。まるで、私たちのからだを守るセーフティネット。だから腸には全身の約30パーセントの免疫細胞が集まっているんですって。でもって、ここで活躍しているのが、腸内に住んでいる善玉菌たちなんです。

乳酸菌は善玉菌の代表選手

私たちの腸には、100種類以上、100兆個もの細菌が住みついていて、同じ種類ごとに集団を形成しています。そのようすがお花畑か草むらのようにみえることから、腸内フローラとか腸内細菌叢と呼ばれます。ただ、ここには善玉菌だけでなく、悪玉菌も住み着いていて、絶えず勢力争いをしています。なんだか人間社会と同じなんだなあ。悪玉菌が増えると有害物質をつくり出して免疫力を低下させるので、体調をくずしたり、肌が荒れたりします。便秘をすると肌トラブルが増えるのは腐敗菌が増えて腸内環境が悪くなるからなんです。考えてみれば腸の内壁って、お肌とつながっているんですものね。
さて、腸で奮闘している善玉菌の代表選手が乳酸菌。美容と健康のために活躍してくれる菌です。たとえば、ヨーグルトなどで乳酸菌を食べると、生きたまま腸まで届いてそこに住みつき活躍してくれることも、道半ばで死んでしまうこともあります。でもね、乳酸菌って、生きて腸まで届いたものはもちろんだけど、死んで死骸になったとしても整腸作用を発揮できるらしいのです。健康的な美しさが欲しければ、まずは善玉菌で腸内のお花畑をきれいにしましょう。それが肌美人への近道ですよ。

ARCHIVES




  • ナデシコクッキングとは?
特集レシピコンテンツ
  • ナデシコショッピング
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES
  • 毒出しフーズできれいな毎日!